So-net無料ブログ作成
検索選択

The Garden Party (3)

THE GARDEN-PARTY by Katherine Mansfield (3)

 Away Laura flew, still holding her piece of bread-and-butter. It's so delicious to have an excuse for eating out of doors, and besides, she loved having to arrange things; she always felt she could do it so much better than anybody else.

 Four men in their shirt-sleeves stood grouped together on the garden path. They carried staves covered with rolls of canvas, and they had big tool-bags slung on their backs. They looked impressive. Laura wished now that she was not holding that piece of bread-and-butter, but there was nowhere to put it, and she couldn't possibly throw it away. She blushed and tried to look severe and even a little bit short-sighted as she came up to them.

 "Good morning," she said, copying her mother's voice. But that sounded so fearfully affected that she was ashamed, and stammered like a little girl, "Oh–er–have you come–is it about the marquee?"

 "That's right, miss," said the tallest of the men, a lanky, freckled fellow, and he shifted his tool-bag, knocked back his straw hat and smiled down at her. "That's about it."

 バターをぬったパンを持ったままローラは飛ぶように出て行った。外で食べる言い訳になるほどおいしいパンだった。また、彼女は物をきちんとならべるのが大好きだった。他の誰よりもうまくやれるといつも思っていた。

 ワイシャツ姿の四人の男が庭の小道に集まっていた。帆布を巻いたを運んでいた。背中には大きな道具袋を背負っていた。堂々とした姿だった。ローラはパンを持ってこなければよかったと思ったが、どこにも置く場所がなかったし、捨てることもできなかった。顔が赤くなったが、近づくときは表情を険しくして、少し近視ぎみのふりをした。

 「おはようございます。」彼女は、母の声をまねて言った。けれど、びくついた声になって、かわいい女の子のように、恥ずかしがって言葉を詰まらせていた。「おお、大天幕を張りに来たのですか。」

 「そうですよ、お嬢さん。」といちばん背の高い男が言った。ひょろっとしたそばかすのある男だった。道具袋を背負い直し、麦わら帽子を後ろにやって、微笑んで言った。「その件で来ました。」

 

(メモ)

 ここで、背の高い男の登場です。パンを外で食べているローラのことをどう思ったのでしょうか。ローラが顔を赤らめたのは、やはり「男性」を意識したからでしょうね。これから二人が気になります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。